八王子生まれ、八王子育ち。
地元に貢献できるお仕事です。

知童さん 入社15年目
介護福祉士
介護の専門学校卒業後、新卒として入職し15年。天使病院一筋のベテランスタッフです。

入職のきっかけを教えてください

介護の道に進んだ最初のきっかけは、両親の勧めでした。
高校生の時、その後の進路について相談したところ、母が保育士だったこともあり「迷っているなら、まずは人の助けになることを経験したら?」と言ってくれたのが大きかったです。

実際に専門学校に進学し、介護の勉強を続ける中で、一番印象に残っているのが最初の実習です。
正直に言うと、最初の実習で心が折れかけました。座学で勉強してきたこととのギャップに戸惑い、本当にこの仕事を続けられるのかな?と迷った時期もありました。
それでも、せっかくここまで勉強してきたんだから…という気持ちと、最初に勧めてくれた母の言葉を信じて、その後も勉強を続け、新卒として天使病院に入職しました。
あれから15年、早いものですね(笑)

 

東京天使病院に決めた理由は何でしたか?

私は八王子生まれ、八王子育ちなのですが、「就職先も八王子がいいな」とぼんやりと考えていました。

八王子でいくつか施設を探している中で、応募の電話をした際に、当時の介護長から「それならぜひ一度、見学に来てください」と言ってもらえました。面接などの前に、実際の職場見学をさせて頂けたことが大きかったですね。

実際に見学に来た際には、介護長だけでなく周りのスタッフさんたちが私のことをすごく気にかけてくださって、「新人をほっとかない施設」なんだな、という印象が強かったです。
アットホームで、先輩たちも優しくて、皆さんの人柄に惹かれたというのが天使病院に決めた一番の理由だったかもしれません。

 

■インタビューを終えて


老健は、「自宅に帰っていただくこと」が大きなゴールです。
ドクターと相談しながら、そのためのリハビリや、日々の過ごし方を決め、サポートするのが私たちの仕事です。

「自宅に帰る」という明確な目標があること。それが仕事のやりがいであり、長く続けられた要因なんじゃないかと私は思っています。

目標を立て、いろんな職種の方と相談しあって仕事をしていける。生活面全般を一番よくわかっているのが介護職ですから、情報の吸い上げが何より大事です。

ご利用者様が笑顔でご自宅に帰れるように。その達成感のため、私たち仲間と一緒に目標を追いかける。そんな仕事をしてみませんか?

ページトップ

医療法人社団玉栄会 東京天使病院の採用サイトです。

Copyright © since 2020 GYOKUEIKAI All Rights Reserved.